独身時代の借金で結婚生活はどうなる?

 

結婚は人生の中で一大イベントではありますが、独身時代の借金が原因で結婚できない人達がいるのも事実です。
独身時代の借金であっても、結婚してからも返済は継続的に必要ですので、結婚相手が苦しい思いをするのではないか?という思いを持つのも当然です。

 

もちろん、独身時代の借金も踏まえて正直に話した上での結婚であればいいのですが、隠して生活することを考える人もいると思います。
中には、自分が責任を持って返済すればいいだろうと考える人がいますから。

 

しかし、結婚することで一緒の財布となることが多く、そこで実際の稼ぎより金額が少ないとなると、そこで独身時代の借金が発覚してしまうことも多いのです。

 

また、返済に対するアクションを見られてしまったり、返済が滞り、催促の連絡が来てしまったりすることで発覚することもあります。

 

本人たちだけではなく、結婚相手の両親や親族にも決して借金ということばは、いいイメージを連想させないのが現状です。

 

一緒になったら不幸になるのではないか?あるいは、離婚して返済ができなくなったら自分たちが負担しなければならないのか?など、思いはさまざま出てきてしまいます。
独身時代の借金は、結婚できない理由として非常に大きな要素です。

 

もちろん、それが二人で暮らすための住宅ローンだったり、生活に利用する自動車ローンだったりする場合は、状況が違ってきます。
あくまで独身時代のツケという形で残っている借金は注意が必要ですよということで、意識をしておくといいでしょう。

 

また、正直にすべてを出せている状況であれば、この限りではありません。
とは言え、独身時代の借金があまりに多額である場合、結婚は難しいと思っていて間違いありません。

 

独身時代の借金があると結婚生活が苦しくなる

 

借金という言葉にはマイナスイメージが付いて回ることが多いです。
しかし現実的には、自分自身で明確な借入であると認識していないだけで、結婚後も独身時代の借金を抱えている方も決して少なくありません。

 

例えば、独身時代の借金としてよくあるのが、返済義務のある奨学金です。
奨学金は、言い方を変えると借入以外の何物でもありません。

 

奨学金という名称から学費のサポートが受けられる魅力的な制度に感じてしまいますが、きちんと支払いをしなければならない以上、借金に分類すべきだと言えるのです。

 

奨学金によっては返済に利息がかかることもあるので、借金する方はきちんと自覚を持って借りる必要があります。
我が家でも結婚前に大学に通っていた、独身時代の奨学金の支払いが続いています。

 

既に奨学金返済が開始してから10年以上経過していますが、結婚した今でも完済には至っていません。
毎月の金額は1万円少々なので、それほど負担が大きい訳ではありませんが、独身時代の借金という重い荷物を背負っている感覚は、結婚生活を息苦しくしています。

 

独身時代、奨学金やちょっとした自動車ローンなどは、気軽に利用する人がとても多いと思います。
実際にお金が必要だから利用するわけですが、やはりあくまでも借金であるという認識を第一に持ちましょう。

 

きちんと計画を持って利用することが望ましいと言えるでしょう。
近年はこれらの独身時代の借金の返済が原因で結婚生活が苦しくなるケースも増えています。

 

独身時代に奨学金やローンを利用する方は、生活を充分に考慮して借金するようにしましょう。

借金を相手に隠して結婚、必ず後でばれるものですし、それが原因で離婚にまで発展するケースが後をたちません。
とは言え、法律事務所に相談するのは凄く勇気が必要です。

まずは匿名・無料で利用できる診断シミュレーターで、解決可能かどうか調べてみることをおすすめします。

借金は結婚前に返済!〜ばれる前に解決しよう〜