結婚前の借金は離婚後も返済義務がある?

 

結婚している同一生計の男女が別れる際には、何かとお金の話が出てくるものです。
お金が原因で別れるのか、別の原因で別れるのか、その違いはあっても一番揉めるのが金銭に関する問題です。

 

このページでは、離婚後の借金返済義務について解説しています。
よろしければ参考にして下さい。

 

独身時、結婚前の借金は離婚後の返済義務は?

相手が独身のときにつくった結婚前の借金を返済する義務はありません。
離婚後はもちろんですが、離婚前であっても借金返済義務はないです。

 

夫婦共同名義の借金でなければ、借主本人のみ(相続時を除く)が返済義務を負います。
結婚中に協力して借金返済していたとしても、借主本人以外には義務はないのです。

 

結婚相手の借金の連帯保証人の場合、離婚後の借金返済義務は?

借金の連帯保証人になっている場合は、借主本人が支払いを怠ると借金返済義務が発生します。
結婚、婚姻関係の有無とは関係なく、保証人としての義務です。

 

連帯保証人は、「保証人」と言ってはいますが、実質的には連帯債務者と同等の重い義務を負っています。
借主と離婚しようが、借主が死のうが、保証人の義務を免れることはできません。

 

どうしても保証人から外れたい場合は、あらかじめ別の保証人に交代して貰うか、債務を全額返済して貰うしかありません。

 

結婚生活での借金の返済義務は離婚後どうなる?

住宅ローン、自動車ローン、キャッシング等々、用途は様々ですが、全ての借金は個人に属するものですので、結婚している夫婦間であっても基本的には返済義務はありません。
ですが、離婚時には注意が必要です。

 

離婚時には、結婚中に夫婦の協力によって得られた共有財産の分与を行いますが、負債(マイナスの財産)もその対象となっており、返済義務も受け継ぐことになります。

 

ただし、すべてが対象になっているのではなく、「家庭生活を維持するために借り入れた借金」のみが対象です。
夫婦のどちらかが、個人的な目的(遊興費等)で作った借金は、財産分与の対象外です。

 

結婚相手に借金しかない場合に離婚すると返済義務はどうなる?

結婚相手に現金・不動産などといったプラスの財産より、ローンなどの借金の方が多い場合はどうなのでしょうか?
その場合、離婚の際の財産分与は当然ありません。

 

家庭生活を維持するための借金は、共有財産として返済義務を負うことになります。
これは一般的な基準であり、離婚時の夫婦間の合意でどのように取り決めることも可能です。

 

その場合は、後になってトラブルが発生しないように「離婚協議書」を作成して、財産分与について取り決めておくことをおススメします。

 

離婚後に結婚相手が借金で自己破産したら養育費の支払い義務はどうなる?

自己破産は一部を除き、所有する資産を処分する事で、借金を帳消しにする制度です。
そこで気になってくるのが養育費です。

 

離婚して慰謝料・財産分与について清算したが、その後に結婚相手が自己破産したといったケースですね。
結論から言うと、自己破産で免責となっても養育費を支払う義務は免除されません。

 

親の負債というより、子供の生存に関わる権利という性格が強いものですので、引き続き支払っていく義務があります。

借金を相手に隠して結婚、必ず後でばれるものですし、それが原因で離婚にまで発展するケースが後をたちません。
とは言え、法律事務所に相談するのは凄く勇気が必要です。

まずは匿名・無料で利用できる診断シミュレーターで、解決可能かどうか調べてみることをおすすめします。

借金は結婚前に返済!〜ばれる前に解決しよう〜